NEXT UP 教室での指導にとどまらず、新しい分野へ積極的に進出し、教育の可能性を広げ続けているアップ。
そんな新たな取り組み、プロジェクトの一部についてご紹介します。

アップの英語教育が目指すもの

第二管理部 教室事務 ジェリー

大切なのは四技能習得なのか?

インターネットが世界を急激に小さくしていて、インターネット上で交わされる会話の多くが英語であるという事実から、国際語としての英語の地位は以前にも増して確固たるものになりました。今や世界中で、英語でのコミュニケーションがなされています。日本でも遅ればせながら、英語の四技能習得が重要であるということがしきりに叫ばれるようになりました。でも、私は英語教育において最も大切なのは技能ではないと思っています。

英語嫌いを量産する教育法

英語にしても、昨今流行りのプログラミングにしても、日本の教育は、大人が「正しい」と信じる作法を一方的に教え込むという構造で、その必要性を子どもに実感させたり、それを使う場を子どもに意識させたりするという視点が抜け落ちていることが多いように思います。本来英語は、国籍や文化を異にする人同士をつなぐパイプであって、好き嫌いの対象であるはずがないのに、日本には英語嫌いが多い。これは教育の失敗だと考えています。

学ぶ動機を与えられる環境を創りたい

昨年、韓国のパジュという町にある英語村に視察に行かせて頂きました。英語のレッスン自体に特筆すべきものはありませんでしたが、そこには様々な国籍の子どもたちが英語を用いて異文化の人たちと関わり合おうと懸命にもがく姿がありました。これなんですよ、日本の教育に足りないものは。パジュで学んだ子どもたちには、英語を学ぶ動機がある。だから自然に上手くなるんです。こういう場を演出できる、そんなスクールを皆で力を合わせて創っていきたいですね。

社員一人ひとりの「働きがい」を高めたい。

第二管理部 部長 谷口 竜也

「働き方改革」の主体は誰か?

「働き方改革」が声高に叫ばれる昨今、労働環境の改善は社会全体で取り組むべき課題となっています。当社でも長時間労働の解消をはじめとする様々な施策を講じていますが、単に会社の制度やルールを表面的に整えても意味がありません。政府や企業それぞれの思惑は別にして、「働き方改革」の主体はあくまで働き手である従業員一人ひとりであるべきです。一方的な押し付けではなく、社員・スタッフにとって真にプラスになる環境づくりを行っていきたいと考えています。

「ワークライフバランス」の真の意味を考える

「働き方改革」とあわせて「ワークライフバランス」という言葉もよく耳にされると思います。
字面だけ見ると仕事(ワーク)と生活(ライフ)が何か対立関係にあるような印象を受けますが、当然ながら仕事は生活の中に包括されるわけで、仕事と生活どちらをとるかという問題ではありません。「ワークライフバランス」とは、従業員各々の生活の中で仕事がどういう位置付けであるかの問題で、仕事が生活に張りを与え、逆に日々の生活が仕事にも好影響を及ぼすような相互関係にある状態を指すと思われます。単に労働時間と(私)生活時間との比率だけに注視するのではなく、社員・スタッフに当社で働く価値をいっそう感じてもらえる企業に成長させる必要があると考えています。

アップが目指す「働き方改革」

会社では様々な人が働いており、100人いれば100通りの「ワークライフバランス」が存在します。
当社アップはいわゆる受験指導の学習塾のみならず、幼児から成人までを対象に知育や体育、英会話など幅広い教育サービスを提供しているため、その働き方も様々です。そうした土壌があるからこそ、社員・スタッフが各々の生活背景やライフステージに応じた働き方をより柔軟に選択できる環境を整えることは十分実現可能と考えています。とりわけ、女性の「働きやすさ」「活躍しやすさ」の実現は喫緊の課題です。どうしても、塾業界には「夜が遅い」などのイメージがあるため、例えば保育事業等を通じて早い時間帯での労働機会を創出したり、映像通信事業を通じてテレワーク(在宅勤務等)を導入したり、多様な働き方を提示できるようにしていきたく思います。